タグアーカイブ beer

著者:redeyelovers

クラフトビールでレッドアイを作ろう!(Gregor 学芸大学 )


ドイツビールの祭典『オクトーバーフェスト』がお台場で絶賛開催中です!
8月30日以降は、中野、川崎にもオープンするようですので、
夏が終わらないうちにたっぷりとドイツビールを堪能しましょう!

とはいえ、ドイツビールやクラフトビールを年がら年中飲みたいという方もいますよね。
そんな方には、こちらのお店がおすすめ!
学芸大学駅徒歩3分 のドイツ製法ソーセージ&クラフトビール専門店Gregor(グレゴール)

カウンターと2テーブルというこじんまりとした空間ではあるのですが、
クラフトビールの種類も豊富ですし、何と言ってもソーセージが美味しい、そして、ナイスコスパ!
レディースセットなんて、ドリンク+7種のおつまみで1000円!どういうこと!?
店長さんも気さくで、毎日地元の常連客の皆さんで賑わっています。

 

 

そんな隠れた名店に、レッドアイ推進員会が突入してきました。
というのは、前回訪れた時に、レッドアイがメニューになく、店長さんに理由を伺ったところ
「どのビールがどのトマトジュースに合うかわからなくて悩んでいる。」というご回答。

ということで、今回は、クラフトビールで美味しいレッドアイを作ろう!!
レッドアイ推進委員会監修で、Gregorオリジナルレッドアイを作ってしまいます!

 

 

 

 

まずは、ビール選び!
Gregorには、”本日の樽生ビール” として毎日2種類おすすめのビールがメニューにあります。
レッドアイを作る場合、樽のビールを使えた方がお店的にもスムーズに作れるので、
今回は、”本日の樽生ビール” のビールにフォーカスを当てて実験スタート。

まずは、ドイツビール シュヴァルツブロイ “エクスクイジット”をチョイス!

“エクスクイジット”は、シュヴァルツブロイを代表するラガービールで、口の中でふわっと広がる不思議なビール。
ビール自体は、もちろん激ウマだったのですが、
残念ながら、トマトジュース3種類と試した結果、レッドアイには向いていないビールだということが発覚。
ペッパーを足したり、タバスコでごまかしたりしてもパッとしませんでした。
レッドアイにしては勿体無いビールです。皆さんそのまま味わいましょうw

ドイツビール シュヴァルツブロイ

“本日の樽生ビール” に掲載されているもう1つのビールに希望を託して、
クラフトビール x レッドアイのメニュー開発実験は続きます。

希望を託されたビールというのが、Stiegl(シュティーグル)のペールエール。

オーストリア最大規模の醸造所Stieglのペールエールは、フルーティで飲みやすいホワイトビール。
ヨーロッパのビールと言われて、多くの人が思い浮かべるホワイトビールの味に近いのではないかな。
とても馴染みのある味です。これなら美味しいレッドアイが作れそう!

 

 

 

今回、実験に参加した、トマトジュースは、以下になります。
それぞれ過去のブログで特集しているので、そちらも是非読んでくださいね。

  1. 最強コスパ TOP VALUE オーガニックトマトジュース (ブログはこちら)
  2. バランスのとれた甘みの理想のトマト(ブログはこちら)
  3. アメリカ発の野菜ジュース V8 (ブログはこちら)

早速、厳選なる試飲の末に勝ち残ったレッドアイを発表します!

人気第1位
Stiegl x TOP VALUE オーガニックトマトジュース x スパイスアップ 麻辣ペッパー

新しい概念のレッドアイが出来上がりました。
常連の美食家の方も絶賛。
Stieglの旨味をちゃんと引き出してくれ、尚且つ飲みやすい。
レッドアイ全体としてもキャラの光るスパイシーレッドアイ。
普通のペッパーではなく、麻辣ペッパーはキモですが、
スパイスが苦手な方は、 麻辣ペッパーなしでお楽しみください。

作り方:

ビールをグラスの1/3くらい注ぐ。
その上にトマトジュースを注ぐ。
最後にまたビールを注いで泡が綺麗に乗るようにする。マドラーはいらず。
ビールとトマトジュースの配合 1:1
スパイスアップ 麻辣ペッパー 少々ふりかける。

 

 

甘み: ★★★
爽やかさ:★★
スパイシーさ:
苦味:
旨味:
ドロドロ感:
コスパ:
オリジナリティ:★★★★★

 

人気第2位
Stiegl x 理想のトマト x ペッパー

上記のレッドアイが少しだけ異端児だとすると、こちらのレッドアイは、一般的なレッドアイに近い味です。
理想のトマトが濃いので、トマトをもっと感じたい方にはおすすめ。
ペッパーを最後にふりかけるのもお忘れなく。
こちらはどろっとしていて混ざりにくいので、最後はマドラーで混ぜてくださいね。

作り方:

ビールをグラスの1/3くらい注ぐ。
その上にトマトジュースを注ぐ。
マドラーで混ぜる。
最後にまたビールを注いで泡が綺麗に乗るようにする。
ビールとトマトジュースの配合 7:3
ペッパー 少々ふりかける。

 

 

 

甘み: ★★★
爽やかさ:
スパイシーさ:
苦味:
旨味:
ドロドロ感:
コスパ:
オリジナリティ:★★★★

今回は、新しい試みで、お店のオリジナルレッドアイメニュー開発をしてみました!
クラフトビールで作るレッドアイメニューはいかがだったでしょうか。
学芸大学周辺に遊びにいらした方は、是非Gregorに立ち寄ってみてくださいね。
近々、レッドアイもお店で飲めるようになっている予定です!

今後も飲み比べ、お店のオリジナルレッドアイ作りなどの企画をもっとやっていこうと思います!

レッドアイ推進委員会で是非飲み比べをしてほしいという方、大募集中です!!
ビール会社さん、トマトジュース製造している方、トマト農家の方、レッドアイに合うスパイスを販売している方、
こちらからご連絡くださいませー

Written by レッドアイ推進委員長 ITSUKA 


著者:redeyelovers

アメリカではメジャーな野菜ジュースV8でレッドアイ飲み比べ!


「アメリカ」「V8」と言うと、車のエンジンを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、
今回ご紹介するのは、アメリカの家庭の冷蔵庫には必ず入っている!?と言っても過言ではない
大人気の野菜ジュース「V8」です!

「V8」は、濃縮缶スープでもおなじみのキャンベルが開発した野菜ジュース。
1948年に発売されて以降、今まで、アメリカ人の健康の味方をしてきました。
名前の由来は、まさに、8種類の野菜をミックスしているという意味。

今回は、レッドアイ推進委員会のメンバーの港区女子のお部屋で、飲み比べPartyを開催。
ビールはこちらの5種類!!

 

おつまみには、V8と同じアメリカ出身のTaco Bellのタコスをチョイス!

 

 

東京タワーを間近に眺めながら終始、上機嫌で飲み進めていく女子たち。

配合はこちら。

ビール:1
V8: 1

早速レポート行ってみましょう!

#1 サッポロ黒ラベル

まずは、近年益々人気が高まっている王道のビール、サッポロ黒ラベルとミックス。
黒ラベルのキレとコクとV8のスパイシーさの相性がバッチリ。
塩加減もちょうどよく、V8慣れしていない人は、1杯目にはオススメ。
2杯目は、ペッパーを加えてみても良いかも!

 

 

甘み: ★★
爽やかさ:
スパイシーさ: ★★★★
苦味:
旨味:★★★
ドロドロ感:
コスパ:
オリジナリティ:

#2 バドワイザー

2種類目は、苦くないさっぱりビールの代表格、バドワイザー。
こちらは、1:1の比だとV8の味に押されて、ただV8が水っぽくなった感じになるので、
ミックスする場合は、バドワイザーを多めに入れてくださいね。
氷を入れるか、冷蔵庫でキンキンに冷やしてから飲むと更に美味しいです。
さっぱりしているので夏のBBQなどにオススメ!

 

 

甘み:
爽やかさ:★★
スパイシーさ: ★★★★
苦味:
旨味:
ドロドロ感:
コスパ:
オリジナリティ:

#3 コロナエクストラ

お次は、ビーチで飲みたいビールナンバー1のコロナ。
喉越しさっぱりなコロナが、V8の爽快なスパシーさを更に盛り上げてくれる感じ。
おつまみのタコスとの相性も抜群で、今回の飲み比べでは一番人気でした。
アルコール分も4.5%と低めなので、何杯もいけちゃうね!

 

 

甘み:
爽やかさ:
スパイシーさ: ★★★★
苦味:
旨味:
ドロドロ感:
コスパ:
オリジナリティ:

 

#4 ステラ・アルトイス

ベルギー国内で輸出売上ナンバーワンのピルスナービールとミックスすると、
今回の中では、一番カクテルに近い味わいのレッドアイになりました。
穂のかなフルーティな香りと黄金色のビールとV8の赤の色のコラボレーションも楽しめます。
更にこだわって飲みたいか人は、ハバネロスモーキーをスパイスとしてオススメ!!

 

 

甘み:
爽やかさ:
スパイシーさ: ★★★★
苦味:
旨味:
ドロドロ感:
コスパ:
オリジナリティ:★★

 

 

#5 シメイレッド

こちらもベルギー産のビールですが、なんと修道院で作られたもの!
シメイは、エノー州シメイにある、スクールモン修道院で作られた”トラピスト”ビールで、
シメイレッドは、ラベルが赤で、注いだ時も濃い赤茶色のビール。
アルコール度数は、7%と高めなので、レッドアイを作っても必然的に一番お酒を感じるカクテルになります。しかもブラックアイと呼んでいいくらい、濃い茶色のレッドアイに!
レッドアイをヘルシーにライトに飲みたいという人よりは、レッドアイで気持ちよく酔っ払いたい!って人にオススメ。
好き嫌い別れるので、普通のレッドアイに飽きた人はこちらを是非トライ!

 

 

甘み:
爽やかさ:
スパイシーさ: ★★★★
苦味:
旨味:
ドロドロ感:
コスパ:
オリジナリティ:★★

V8でレッドアイの飲み比べいかがだったでしょうか。
今後は飲み比べ企画をもっとやっていこうと思います!

レッドアイ推進委員会で是非飲み比べをしてほしいという方、大募集中です!!
ビール会社さん、トマトジュース製造している方、トマト農家の方、レッドアイに合うスパイスを販売している方、
こちらからご連絡くださいませー

Written by レッドアイ推進委員長 ITSUKA