レッドアイとは



レッドアイとは

redeye_kirincity

レッド・アイ (Red Eye) は、
ビールとトマトジュースをミックスしたアルコールドリンク。
色は

スライスしたレモンやセロリを添え、タバスコ、コショウ、ウスターソースを加えて味わう人もいる。
レッドアイにヴォッカを加えたドリンクは、レッド・バードと呼ばれている。
その他のトマト系ドリンクはこちら

レッドアイの作り方

ビール + トマト・ジュース
分量や注ぎ方は、お店のコンセプトや人の好みによって変わる。

レッドアイの作り方

海外、特にアメリカでは、二日酔いの朝に飲む、迎え酒として、レッドアイが注目を浴びている。
二日酔いで目が赤くなった人が飲むドリンクということで、レッドアイと呼ばれるようになった説がある。
また、国や地方によっては、レッドアイの泡の表面に生卵をのせる習慣があるそうで、
真上から見て、赤い目に見えることから、レッドアイと名付けられた説もある。

レッドアイが世界で知られるようになる少し前、1982年に発売された福西英三氏の「カクテル入門」に
既にレッドアイが掲載されていたことから、日本で生まれたカクテルと考える人もいる。 

レッドアイ人気

ビールの苦みが押さえられ、飲みやすい。ビールよりもカロリーが低く、
お酒は飲みたいがダイエットをしたい人にも人気。アルコール度数も低いので商談の時のドリンクにもオススメ。
GYAO!で配信された番組『セツメイト』の中の太りにくいお酒ランキングにおいて、レッドアイが見事に1位を獲得。

レッドアイ豆

花言葉や宝石言葉のように、お酒にもカクテル言葉というものが存在している。
カクテル言葉辞典によると、レッドアイのカクテル言葉は、「同情」。

レッドアイの人気は年々高まっており、2012年〜アサヒビールが「アサヒ レッドアイ」として商品化している。

レッドアイの日
毎月10日は、レッドアイの日である。(2014年10月10日、レッドアイ推進委員会が制定。)
10月10日のトマトの日から派生。0(レ)10(ド)の語呂合わせ、10が横にすると目(EYE)に見えることに由来。

 



ハマグリエキス入り!


国内産生食用の桃太郎トマトのみ使用


北海道産 超高級トマトジュース


トルコ発リコピン多めのストレート


透明・無塩・無添加トマトジュース


完熟朝もぎ100%


世界発、缶入りレッドアイ


コロナ x クラマトのセット


世界のメジャービール飲み比べ


長野と岐阜の野菜汁100%


軽井沢クラフトビール飲み比べ