タグアーカイブ 飲み比べ

著者:redeyelovers

Innovative Brewer SORACHI1984 でレッドアイ!!


時代がやっと追いついた??
伝説のビール SORACHI 1984が帰ってきた!

 

 

 

サッポロビールが4月9日に発売した「Innovative Brewer SORACHI1984」でレッドアイ試飲会をしてきました!!

“SORACHI 1984” と聞いてピンとくる人は、かなり少ないと思います。
知っている!という方は、北海道出身か、相当なビール通かと思います。

実は、このSORACHI 1984は、北海道上富良野町で開発され、1980年代に一度日本の市場に乗ったのですが、残念ながら、その当時は、日本人の舌には馴染まなかったようで…. 日の目を見ずに終わります。
今となれば、伝説のホップ「ソラチエース」と讃えられていますが、日本人にはまだ早すぎた…

しかーし、時代は流れ、クラフトビールが流行ったり、世の中がビールの多種多様の味に更に寛容になってきた今、再び、日本の市場に戻ってきました。

SORACHI 1984は、今年の4月9日に改めてリリースされ、サッポロビールと提携しているお店などでは徐々に出回ってきているようです。

Amazonでは発見しましたが、まだまだ一般の家庭で飲んでいる人はレアなよう。
ばか売れしないうちにAmazonでGetしておきましょう!
父の日プレゼントにもオススメ!

そんなレアなビールをサッポロビールの会社内にある試飲コーナーで、レッドアイ推進委員長ITSUKAが自ら色んなトマトジュースを持参して、飲み比べをして参りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビールだけ飲んだ感想は、夏に合いそう!!というのがまず最初の一言。
柑橘系の香りがスーッと鼻を通り、さっぱり爽やかさなビールが喉を潤します。
あえてサッポロビールの仲間と比べると、黒ラベルよりは、白穂乃香よりです
色も爽やかな黄金色で、真夏には凍ったグラスに入れてテラス席で味わいたいものです。

今回は3種類のトマトジュースでレッドアイを作りました。

SORACHI 1984 で作るレッドアイ!

まずは、先日ブログでも紹介したV8。
アメリカの家庭の冷蔵庫には必ず入っている!?と言っても過言ではないアメリカの大人気の野菜ジュース「V8」

 

 

 

 

こちらは、V8の主張が強すぎて、SORACHI 1984が完全に押されてしまいます。
そして、V8のセロリの味が際立つので、好き嫌いがかなり別れるのでは。

どこでも売っていて気軽に飲めるビールでしたら、V8色に染まっても良いですが、
貴重なSORACHIを味わう場合は、あまりオススメしません。
V8、SORACHI、それぞれ別に飲むのが良いでしょう。

次に、神戸居留地の完熟トマトジュースで作るレッドアイ。
こちらのトマトジュースは、業務用スーパーなどでよく見かけます。
185gの小さな缶の中になんとトマトが3個分。リコピンたっぷりであります。
有塩と無塩がありますが、今回は、有塩を使用。

 

 

 

SORACHIと作るこちらのレッドアイは、見事に合いました!!
程よい塩っけが、SORACHIの魅力をより引き出してくれます。
例えるならば、スイカに塩を振った感じ!?オリジナルの魅力を倍増!
トマトジュースも、畑からとりたてのトマトに塩を振って丸かじりしたような美味しさ。
お互いの味を引き出すこの組み合わせはとってもオススメ!

最後に、なかなかお店では見かけることは少ない、こちらのトマトジュースを使用。
ユーグレナ おいしいユーグレナトマトとコラーゲン !

トマトジュースというよりは、フルーツジュースと呼んだ方が正しいかもしれないこのドリンク。
石垣産ユーグレナ(ミドリムシ)が1.5億個入っていて、フィッシュコラーゲンが配合されているという、いかにも体に良さそうな響き。

 

 

 

 

ユーグレナ おいしいユーグレナトマトとコラーゲンとSORACHIの組み合わせは、
レッドアイというよりも、フルーツレッドアイと呼んだ方が良さそう!
りんごの味が強く、これはこれで美味しいのですが、全く違うドリンクになります。
フルーツカクテルが好きな人には、とてもオススメ。
バーなどを経営していて、面白いレッドアイを出したい方がは、この組み合わせをして、甘いレッドアイと売り出すと、お客さんはびっくりしてくれるかも!

SORASHIで作るレッドアイレビューはいかがだったでしょうか。
今後も飲み比べ企画をもっとやっていこうと思います!

レッドアイ推進委員会で是非飲み比べをしてほしいという方、大募集中です!!
ビール会社さん、トマトジュース製造している方、トマト農家の方、レッドアイに合うスパイスを販売している方、
こちらからご連絡くださいませー

Written by レッドアイ推進委員長 ITSUKA 


著者:redeyelovers

アメリカではメジャーな野菜ジュースV8でレッドアイ飲み比べ!


「アメリカ」「V8」と言うと、車のエンジンを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、
今回ご紹介するのは、アメリカの家庭の冷蔵庫には必ず入っている!?と言っても過言ではない
大人気の野菜ジュース「V8」です!

「V8」は、濃縮缶スープでもおなじみのキャンベルが開発した野菜ジュース。
1948年に発売されて以降、今まで、アメリカ人の健康の味方をしてきました。
名前の由来は、まさに、8種類の野菜をミックスしているという意味。

今回は、レッドアイ推進委員会のメンバーの港区女子のお部屋で、飲み比べPartyを開催。
ビールはこちらの5種類!!

 

おつまみには、V8と同じアメリカ出身のTaco Bellのタコスをチョイス!

 

 

東京タワーを間近に眺めながら終始、上機嫌で飲み進めていく女子たち。

配合はこちら。

ビール:1
V8: 1

早速レポート行ってみましょう!

#1 サッポロ黒ラベル

まずは、近年益々人気が高まっている王道のビール、サッポロ黒ラベルとミックス。
黒ラベルのキレとコクとV8のスパイシーさの相性がバッチリ。
塩加減もちょうどよく、V8慣れしていない人は、1杯目にはオススメ。
2杯目は、ペッパーを加えてみても良いかも!

 

 

甘み: ★★
爽やかさ:
スパイシーさ: ★★★★
苦味:
旨味:★★★
ドロドロ感:
コスパ:
オリジナリティ:

#2 バドワイザー

2種類目は、苦くないさっぱりビールの代表格、バドワイザー。
こちらは、1:1の比だとV8の味に押されて、ただV8が水っぽくなった感じになるので、
ミックスする場合は、バドワイザーを多めに入れてくださいね。
氷を入れるか、冷蔵庫でキンキンに冷やしてから飲むと更に美味しいです。
さっぱりしているので夏のBBQなどにオススメ!

 

 

甘み:
爽やかさ:★★
スパイシーさ: ★★★★
苦味:
旨味:
ドロドロ感:
コスパ:
オリジナリティ:

#3 コロナエクストラ

お次は、ビーチで飲みたいビールナンバー1のコロナ。
喉越しさっぱりなコロナが、V8の爽快なスパシーさを更に盛り上げてくれる感じ。
おつまみのタコスとの相性も抜群で、今回の飲み比べでは一番人気でした。
アルコール分も4.5%と低めなので、何杯もいけちゃうね!

 

 

甘み:
爽やかさ:
スパイシーさ: ★★★★
苦味:
旨味:
ドロドロ感:
コスパ:
オリジナリティ:

 

#4 ステラ・アルトイス

ベルギー国内で輸出売上ナンバーワンのピルスナービールとミックスすると、
今回の中では、一番カクテルに近い味わいのレッドアイになりました。
穂のかなフルーティな香りと黄金色のビールとV8の赤の色のコラボレーションも楽しめます。
更にこだわって飲みたいか人は、ハバネロスモーキーをスパイスとしてオススメ!!

 

 

甘み:
爽やかさ:
スパイシーさ: ★★★★
苦味:
旨味:
ドロドロ感:
コスパ:
オリジナリティ:★★

 

 

#5 シメイレッド

こちらもベルギー産のビールですが、なんと修道院で作られたもの!
シメイは、エノー州シメイにある、スクールモン修道院で作られた”トラピスト”ビールで、
シメイレッドは、ラベルが赤で、注いだ時も濃い赤茶色のビール。
アルコール度数は、7%と高めなので、レッドアイを作っても必然的に一番お酒を感じるカクテルになります。しかもブラックアイと呼んでいいくらい、濃い茶色のレッドアイに!
レッドアイをヘルシーにライトに飲みたいという人よりは、レッドアイで気持ちよく酔っ払いたい!って人にオススメ。
好き嫌い別れるので、普通のレッドアイに飽きた人はこちらを是非トライ!

 

 

甘み:
爽やかさ:
スパイシーさ: ★★★★
苦味:
旨味:
ドロドロ感:
コスパ:
オリジナリティ:★★

V8でレッドアイの飲み比べいかがだったでしょうか。
今後は飲み比べ企画をもっとやっていこうと思います!

レッドアイ推進委員会で是非飲み比べをしてほしいという方、大募集中です!!
ビール会社さん、トマトジュース製造している方、トマト農家の方、レッドアイに合うスパイスを販売している方、
こちらからご連絡くださいませー

Written by レッドアイ推進委員長 ITSUKA 


著者:redeyelovers

ハマグリのエキス入りトマトジュース『クラマト』でレッドアイ飲み比べ!


日本のメディアでも最近注目され始めた、とってもユニークなトマトドリンク『クラマト(Clamato)』。
一度飲んだら病みつきになるスパイシーでコクのあるこちらのトマトジュースには、
なんと、ハマグリのエキス入っています!

アメリカでは、既に1930年代からトマトジュースとハマグリのエキスのコラボのドリンクはあったようですが、
1960年代から今のような形で商品化されたようです。

 

 

 

 

今回は、銀座の会員制バー『九州の旅』さんにご協力いただき、クラマト入りのレッドアイの飲み比べを開催。

参加者は、レッドアイ推進委員長ITSUKAと、レッドアイ推進委員会の未来の顧問?H氏、そして、なんとお役人関係者のお二人も参加。
レッドアイ推進委員長以外は、レッドアイに関する知識はほぼゼロスタートなので、とても率直で素直な意見が聞けた会でした。

クラマトは、結構、値段がお高いので、飲み比べ時には、カゴメのトマトジュースも少し混ぜて量を稼ぎました。

配合はこちら。

ビール:4
クラマト:4
カゴメ:2

全部で4種類のビールと飲み比べましたよ。
早速いってみましょう!

#1 プレミアムエビス

まずは、まろやかで飲みやすいビールといえばこちら、プレミアムエビス。
通常のビールの1.5倍の期間をかけて熟成させルことが、しっかりとしたコク、まろやかな味わいを導き出しているそう。
レッドアイをそこそこ飲んできた人には、この組み合わせが一番馴染みがあるのではと思います。
いわゆる一般的なバーで出されるレッドアイに一番近い味に、クラマトのスパイシーさが加わった感じ。

 

 

 

甘み: ★★
爽やかさ:★★★
スパイシーさ: ★★★★
苦味:
旨味:
ドロドロ感:
コスパ:
オリジナリティ:★★

#2 プレイマムエール

2種類目は、今年の2月26日に発売されたばかりのプレミアムエール。
やや高めの温度(20~25℃)で発酵=上面発酵させたことで、豊かな香りが実現したそう。
アルコール分も、他のビールの5%に比べて、こちらのビールは、5.5%。
お酒の濃度と香りがどちらもディープで贅沢に味わえる1杯でした。

 

 

 

甘み: 
爽やかさ:
スパイシーさ: ★★★★
苦味:
旨味:★★★
ドロドロ感:
コスパ:
オリジナリティ:★★

#3 べルギビール・プリムス

3種類目は、ヨーロッパから参加のビールです。
プリムスは、ベルギー生まれのピルスナータイプのラガービール。
日本で一般的に飲まれているビールにラガーが多いので、日本人にも飲みやすい味。
ビールの種類が多いことで有名なベルギーの中でも人気があるビールだそう。

 

 

 

今回のビールの中では、一番癖がある組み合わせでした。
一口目で、日本酒なのか、白ワインなのか、なんだかビールではないようなお酒の味がほんのりと感じられます。
3口目あたりが一番美味しくなってくる不思議なレッドアイです。
ちなみにクラマト抜いてみると、あまりにプリムスの主張が強く、カゴメの食塩無添加トマトジュースですと、完全にビールに負けてしまう感じです。

甘み: 
爽やかさ:
スパイシーさ: ★★★★
苦味:
旨味:
ドロドロ感:
コスパ:
オリジナリティ:★★★

#4 コロナエクストラ

ラストのビールは、クラブなどでもファンが多いコロナ。しかも今回は缶で登場。
アルコール分も4.5%と低めで、かなり喉越しもさっぱりとしているので、
サラサラと口の中に入ってきて、何杯でも飲めてしまう感じがします。
氷を入れて飲むとさらにスッキリして美味しくいただけます。

 

 

 

甘み:
爽やかさ:
スパイシーさ: ★★★★
苦味:
旨味:
ドロドロ感:
コスパ:
オリジナリティ:★★

今回使用したトマトジュースは、カゴメの食塩無添加のトマトジュースだったので、
薄味で主張がなく、飲み比べにはぴったりでした。

 

 

 

クラマトでレッドアイの飲み比べいかがだったでしょうか。
今後は飲み比べ企画をもっとやっていこうと思います!

レッドアイ推進委員会で是非飲み比べをしてほしいという方、大募集中です!!
ビール会社さん、トマトジュース製造している方、トマト農家の方、レッドアイに合うスパイスを販売している方、
こちらからご連絡くださいませー

Written by レッドアイ推進委員長 ITSUKA